たたない原因の中で多いのは、不安や緊張など精神的なことです。

特に20代や30代でEDの悩みを抱えている人は、ほとんどがこの悩みです。

とはいっても、精神安定剤で精神を落ち着けるなんて嫌・・・という人も多いのでは?

精神安定剤って、どうしても抵抗感はあると思うので、効果や副作用についてまとめてみました。

精神安定剤はたたない原因の改善になる?

精神安定剤とは?どこで買える?

精神安定剤とは、言葉の通りで不安や緊張をやわらげてリラックスさせる為のお薬です。

現代的な呼び方だと、抗不安薬の方がしっくりくる方もいるかもしれません。

基本的には、不安や緊張から、めまいや動悸、頭痛や不眠といった症状のあらわれる人に処方されます。(うつ病など)

この時によく処方されるのが「デパス」という薬です。

尚、薬局では精神安定剤を購入することはできず、実際に病院に行って処方してもらうしか方法はありません。

ただし薬局でも、精神安定剤という名前や似た感じの薬は購入できます。

しかしそれは、本当の精神安定剤ではなく鎮痛剤や睡眠導入剤です。

本物の精神安定剤が欲しければ、病院に行くしかありません。

精神安定剤はたたない人の改善薬になる?

病院で希望した場合、緊張や不安といった精神面が原因でたたない人にも、精神安定剤は処方されます。

しかしその場合は、ほとんどがED治療薬とのセットとなります。

そしてセックス前に精神安定剤を飲むと、軽くお酒を飲んだような心地よさがあるようです。

間違いなく、通常時よりはリラックスできるので、心因性EDでたたない人の改善薬にはなります。

tranquilizer-img01

もちろん精神面が原因という条件付きではありますが・・・

ただし血流改善などの効果はないので、直接的な改善薬とは違います。

もし精神安定剤でも治らない場合、男性ホルモンの低下や別の病気の可能性が高いですよ。

精神安定剤には副作用がつきもの

良いことの多い精神安定剤ですが、値段が高いということの他にも問題があります。

それは、大きな副作用です。

精神安定剤を飲んだ男性は、性欲がなくなったり性機能が低下する副作用もあります。

さらに怖いのは依存症です。

この薬がないと、不安でセックスもできない。

だから精神安定剤を何度でも飲んでしまうんです。

しかも飲めば飲むほど、効果に対して耐性がつくので危険です。

精神安定剤は、たたない原因の改善薬になるのかもしれません。

ですが副作用や依存症のこともあるので、基本的にはオススメできません。

もし使うにしても、どうしても勃たせたい場面など、限定的な利用を心がけてください。

常用すると副作用も含めて良いことはないので、使い方には十分注意してくださいね。