オナホールでオナニーしたことない男性もいるかもしれませんが、すごく良いもんですよ。

試してない男性は絶対オナホールを使った方が良いかもしれません。

しかもオナホールを使うことは、たたない原因の改善策になることもあるんです。

オナホールでオナニーすれば「たたない原因」も改善する

なんでオナホールを使えば「たたない原因」は改善する?

たたない原因になっているのは、オナニーのやり方が正しくない場合は結構多いんです。

特にAVに慣れた20〜30代の若い男性は、手抜きのオナニーに慣れています。

この時、早く射精してしまいたいと考え、強くペニスを握ったり、床や布団などにこすりつけてオナニーする男性が多いんです。

ですがこれは、本当に危険です。

強い刺激でオナニーをすることに慣れれば、女性のあそこの感覚では満足出来なくなります。

その結果、女性のあそこの気持ちよさを感じられなくなり、たたない原因となります。

これを膣内射精障害といいます。

また、短時間で射精するクセがつけば、普段のセックスでも途中で中折れしやすくなります。

これらの改善策となるのが、オナホールを使ったオナニーなんです。

オナホールは女性の膣の感覚に非常に近く、低刺激でオナニーすることが可能です。

その結果、本番のSEXでも射精しやすくなり、たたない原因の改善になりやすいんです。

オナホールは一度しか使えない?

オナホールへの勘違いの一つに、オナホールは一度しか使えないというのがあります。

ですがこれは、デマとまでは言いませんが誤解があります。

例えば、一回しか使えないとされているTENGAのオナホールも、使い方次第では何回か利用可能です。

その方法はTENGAにペニスを入れるとき、ゴムをつけてローションを入れてから挿入することです。

その時のコンドームは、サガミオリジナルのクイックコンドームが最高ですよ。

これによって、1度しか使えないオナホールも複数回使用することが可能です。

またレンジで5秒くらい温めることによって、より本物の女性のあそこの感覚に近くなるのでオススメです。

さらには、元々複数回の使用を想定したシッカリめのオナホールもあります。

これならじっくりと何回も練習できるので、たたない原因の改善をするには最適ですよ。

もちろん値段は少々高くなりますが、試すだけの価値はあると思います。

ただし、オナニーのやり過ぎは厳禁です。

まったくオナニーしないのも問題ですが、週に1度くらいのペースにおさえるのがオススメです。

オナホールを利用した正しいオナニーで、たたない原因の改善に向けてがんばってくださいね。