瞑想(めいそう)と言えば、静かな部屋で静かに目をつぶって・・・

そんなイメージがありますよね。

近年は、そんな瞑想も割と流行ってきつつあり、実践している人も多いんだとか。

しかも、たたない原因の改善策になるというんだから、意外ですよね。

でもこれって、勃起しない理由と勃起する状態から考えれば、十分に納得できることなんです。

瞑想が「たたない原因」の意外な改善策になる

なんで瞑想が、たたない原因を改善する?

瞑想をすることで、脳内の興奮を落ち着けることが出来ます。

人は興奮状態が続くと、交感神経というのが優位になります。

ですがこの状態よりも、リラックス神経と呼ばれる副交感神経を優位にした方が勃起しやすいんです。

瞑想の目的といえば、当然リラックスすることですよね?

瞑想でリラックス出来れば、特に意識しなくても副交感神経が優位になります。

そうなれば、精神的なことが原因でたたない状態は改善します。

その他にも瞑想には、ストレス続きの状態を落ち着ける効果もあります。

ストレスも勃たない原因になりますが、ストレスを改善することを目的に、瞑想をおこなう人もいるくらいです。

毎日5分でもいいので瞑想をおこなうようになれば、下記の効果も期待できますよ。

  • 眠りが良くなる & 深くなる。
  • ストレス解消になる。
  • イライラしなくなる。
  • 集中力のアップにつながる。
  • 精神的な原因のEDが改善。

正しい瞑想の方法とは?

正しい瞑想の方法といっても、かしこまる必要はありません。

リラックスして下記の2つのポイントだけをおさえてください。

正しい瞑想の方法とは?

ポイントその1:何も考えない

これが瞑想をおこなう上で最も大切なことです。

普段ストレスを感じるのは、変に色々と考えてしまうからです。

毎日少しでも、頭の中を空っぽにして何も考えない時間を作る。

これだけで脳を休ませることが出来るので、スッキリしてストレス軽減にもつながりますよ。

ポイントその2:腹式呼吸

鼻から空気を吸い込んで、その状態をキープ → ゆっくりと口から息を吐く。

これが腹式呼吸のポイントです。

この時、空気を吸い込んだ時間の倍以上をかけて息をはいてください。

慣れてくれば、キープと息を吐く時間を辛くない程度に、長くしていってください。

もちろん瞑想が目的なので、目は閉じておこなってくださいね。

これらのポイントをおさえつつ毎日瞑想することで、たたない原因が改善できる場合もあります!

また瞑想の良いところとして、特に何も用意せず思いついた瞬間から始めることが出来ます。

興味のある人は、今日からでもすぐに実践してみてくださいね。