ビジネスマンにも芸能人にも、コーヒー好きは多いかと思います。

僕もコーヒーは好きで毎日飲んでます。

そんなコーヒーにはEDとの深い関係があり、たたない原因になることも改善薬になることもあるんです。

コーヒーとEDの関係! たたない原因にも改善薬にもなるってホント?

コーヒーの飲みすぎで、たたない原因になる

コーヒーには、カフェインが大量に含まれています。

カフェインの効果には覚醒作用があり、とりすぎると睡眠を邪魔するものになります。

その結果、ホルモンバランスが乱れたり疲れがたまる原因になることもあります。

これらは男性ホルモンの生成に影響をあたえるので、結果として「たたない原因」になるのです。

またカフェインの大量摂取には、亜鉛の吸収を悪くする副作用もあります。

亜鉛は精子を作ったり精力アプに効果的な成分です。

しかも摂取が難しいのが特徴です。

ですので、コーヒーを1日に4〜5杯くらい飲むような人は注意が必要なんです。

特に10杯以上飲んでいるコーヒー中毒者は、コーヒーの量を減らした方がいいですよ。

コーヒーは「たたない原因の改善薬」にもなる

コーヒーは、悪いところばかりが注目されがちです。

ですがコーヒーに含まれるカフェインには、もちろんメリットもあります。

その一つがリラックス効果です。

コーヒーは「たたない原因の改善薬」にもなる

コーヒーに含まれるカフェインが、精神を落ちつかせて血行を促進する働きがあるようです。

緊張や不安感などによって、たたない人には改善薬になる可能性がありますね。

実際にアメリカでの研究によると、毎日1〜2杯程度のコーヒーを飲む人には、EDになる人が少ないというデータがあるようです。

1日にカフェイン300mg程度までならプラスの効果が働くようなので、1日にコーヒー3杯程度までならメリットが大きいかと思います。

ここ数年でコーヒーを毎日飲む習慣がつきましたが、どうやらEDに対してプラスの効果が働いていたようです。

コーヒーさえ飲めばEDにはならない!?

ちなみにコーヒーさえ飲めばEDにならないという、結果が出ているわけではありません。

確かにコーヒーを毎日飲む人は、バイアグラなどに頼らなくても大丈夫な人が多いようですけどね。

また糖尿病の人には、コーヒーによるED改善効果はまったく見られないようです。

さらには、亜鉛の量が減ることも無視はできません。

ですので、コーヒーを多く飲む人は過剰摂取を避ける、亜鉛摂取を心がけることも大切です。

亜鉛の摂取には、1日に20mgもの亜鉛がとれるバイタルアンサーがオススメですよ。

20mgとは、多少なら体外に亜鉛が流れても十分な量です。

コーヒーを飲みすぎている人、たたないことが原因で悩んでいる人は、コーヒーとセットで試してみてくださいね。