セックスの最中やセックスを始める前に、思うようにたたないことってありますよね?

僕は何度も経験しています・・・

こんな時に、速攻で勃起させる技があればなぁ~とお困りではありませんか?

今回紹介するのは、100%成功する技ではありませんが、これまでの経験上それなりに使えた技だけです。

きっと役に立つと思うので、参考程度にでもチェックしておいてもらえると嬉しいです。

たたない時に使える速攻で勃起させる技術4選

たたない時に使える、速攻で勃起させる為の技4選

これらの技は、必ずたたない状態から復活させる方法ではありません。

ですが覚えておくだけで、万が一のリスクを減らせることは経験済です。

技術その1:深呼吸

定番中のド定番ですが、深呼吸は非常に効果的です。

深呼吸をすると、副交感神経というリラックス神経のスイッチが入りやすくなります。

そうなると血管が広がるので、勃起しやすい状態になります。

抜群に効果があるわけではないのですが、いざたたない時に多少は使えますよ!

技術その2:ツボ押し

これはセックス前に押すと効果的です。

以前にもオススメの手のツボとして、次の3つを紹介しました。

  • 労宮(ろうきゅう)
  • 商陽(しょうよう)
  • 三焦経(さんしょうけい)

その他にも、太淵(たいえん)という手首のツボと、人迎(じんげい)という首のツボもオススメです。

太淵(たいえん)は手首の親指側に位置するツボで、手首付け根の凹んだ場所にあります。

このツボを押すことで、血行がよくなるので困った時にはオススメですよ。

もう1つの人迎(じんげい)は、喉仏から指の幅2~3本くらい横の外に位置するツボです。

女性にとっても性感帯となるツボで、ここをツボ押しすると副交感神経が刺激されてリラックスできますよ。

ですので、緊張している時なんかにはオススメです。

ただしツボ押しは女性に見られるとダサいので、ジャワーに行ってる時などに押すのがオススメです。

技術その3:脳内での妄想

僕が落ち着いたのはこの方法です。

AVで何度も抜いたシーンを脳内再生です。

目の前の女性には失礼ですが、完全に脳内セックスに集中します。

そうすることでいつも通りの勃起力を思い出しやすくなるので、たたない頻度は大きく減りますよ。

また急に中折れした時にも、なかなか使える技なので覚えておいて損はありません。

技術その4:ED治療薬や精力剤

これは薬を必ず使え!というわけでも、精力剤を必ず飲め! と言っているわけではありません。

しかしこういった物を用意しておくだけで、気がラクになって緊張がやわらぐことは確かです。

僕は安心してセックスできるまでの間は、常にこの2つは持ってました。

まずED治療薬は、本当に困ったときに飲めば、なんとかその日のセックスには対応できます。

ですので、いざという時に備えたお守り代わりとして持ち歩いてました。

精力剤も持っておくだけで、「これを毎日飲んでるんだから安心」と、自分を落ち着かせることに役立ちました。

このように精力剤やED治療薬は、持っているだけでも役立つアイテムです。

セックスに自信のない方や、今日はたたない気がして不安という日には、ぜひ持ち歩くことをオススメしますよ。

僕の知っている技というか、一時的なテクだと上記のようなものが中心となります。

効果が出ない場合もありますが、知っておくのと知らないのとでは大違いです。

実際に中折れしたりアソコが中々たたない時に、何度か上記の方法で勃起させられたのは確かですからね。

ですので困ったときのために、頭の片隅にでもおいておくと便利だと思いますよ。