今回の記事を読みにきてる方は、子供が欲しいけど旦那さんがED気味で、不妊治療を迷っている女性が大半かと思います。

迷っているのは、「旦那さんがEDだと不妊治療もできないのでは?」と感じている・・・

もしくは「不妊治療はおこなえても、子供のできる確率が低いのでは?」という不安かと思います。

しかしオナニーで射精できる状態のEDなら、治療法はたくさん選べて、特に問題もなく不妊治療はできてしまいます。

また仮に、普段から全くたたない状態のEDでも、精子さえ作られていれば不妊治療は可能です。

たたない旦那と不妊治療ってやっていけるの?

もちろん、その場合のおこなえる治療法は限られていて、不妊治療が100%上手くいく保証はどこにもありません。

しかし上手くいけば妊娠する可能性は十分にあるので、チェックだけでもしておく価値はありますよ。

不妊と不妊治療について

不妊とは、子供を望む夫婦が避妊をせずに、性交渉を一定期間続けても妊娠に至らない状態です。

一般的には、避妊具なしで1年間セックスし続けても子供が出来なければ、ほぼ不妊と認定されます。

そして不妊治療とは、不妊で子供ができない夫婦のために、薬や医療技術をつかって妊娠の手助けをすることです。

不妊治療はとにかく高すぎる

不妊治療の最大のデメリットは、なんといってもお金がかかって高いことです。

不妊治療の平均的な費用は100万円以上で、なかには1,000万円以上かかる人だっています。

しかもそれだけお金をつぎ込んでも、子供ができないパターンだってあるんです。

その上、基本的には保険が適用外で、唯一保険適用されるのは価格が安い代わりに成功率の低い、タイミング法のみとなっています。

  • タイミング法:1回で5千〜1万円
  • 人工授精:1回で1〜3万円
  • 体外受精:1回あたり20〜50万円
  • 顕微授精:1回あたり40〜60万円

ですので何回も挑戦して時間ばかりがたち、あせって保険適用外の治療をおこなうようになるわけです。

ただし自治体によっては助成金がでるので、上手に活用すればそこまでお金はかからないかもしれません。

EDが原因でたたない旦那さんとの不妊治療はどうすべき?

前述した通り、不妊治療の料金はかなり割高です。

その為できることなら、旦那にEDを改善してもらうのがベストです。

EDが原因でたたない旦那さんとの不妊治療はどうすべき?

EDが治って「たたない状態」を改善できれば、不妊治療にお金を支払う必要はなくなるかもしれません。

もちろんEDの治療には、精力剤やED治療薬など、色々と必要になる出費もあります。

さらには生活習慣や食生活など、改善しなければいけないこともあります。

しかし不妊治療の費用に比べれば、結果的に安上がりなのは間違いありません。

ですのでまずはED治療に取り組み、それでダメだった場合は一緒に産婦人科にいって相談してみてください。

射精ができなくても、精子をとりだして人工授精させたり体外受精させる方法もありますからね。

最初は嫌がられるかもしれませんが、2人の大切な将来を決めることなので、ぜひとも協力してもらってください。

そもそも精子を取り出すためには、旦那さんの協力は必要不可欠です。

不妊治療はお互いの協力があって始めて前にすすみます。

簡単ではないと思いますが、毎年うまくいく人も一定数いるので、協力しつつ頑張ってみてください。