たたない悩みをかかえている男性は、ED治療薬を使っている人がたくさんいます。

ですがそのED治療薬、偽物の可能性はありませんか?

ED治療薬の偽物は副作用が危険すぎる

もしあなたがインターネットでED治療薬を購入しているなら、その50%以上は偽物です。

これは、今あなたが飲んでいるED治療薬も偽物である可能性が極めて高いことも意味しています。

なんでインターネットで購入するED治療薬は偽物ばかり?

これは、そもそものED治療薬の値段が高すぎることにあります。

ED治療薬の相場は、1錠あたり1,500円〜2,000円程度です。

これが1回のセックスにかかる料金と考えると高額ですよね。

だからこそ、少しでも安く購入したいという人が多いんです。

これに目をつけたのが、ED治療薬の偽物を作るグループです。

適当に混ぜ物しただけの偽物や、管理のいき届かない不衛生な工場で大量生産されるED治療薬。

これらは、大きな利益をあげる商売のひとつになりました。

なかには同じED種類のED治療薬でも、半値程度で買えることもあります。

さらにジェネリック治療薬なら、1錠あたり100〜200円程度で購入できることもあります。

2,000円か200円のどちらが良いかと言われれば、誰だって200円の方がイイですよね?

効果が同じなら尚更です。

ED治療薬の偽物はなんで危険なの?

偽物のED治療薬は、中国を中心に世界各国で作られていますが、その半数以上は偽物です。

日本国内では、医療機関以外でのED治療薬の販売は認められていないので、個人輸入での販売となります。

しかし、輸入したED治療薬が本物か偽物かは、本人もわかっていないケースがほとんどです。

さらに・・・

  • 不衛生な環境で作られた偽物かもしれない。
  • 効果のある成分をまったく含まない偽物かもしれない。
  • 体に悪影響をおよぼすかもしれない。

このようなことをわかってはいつつも、責任は自分たちにはないとして販売を続けています。

またED治療薬のジェネリックを製造している国は、基本的には特許のルールがないインド製が中心です。

それでもまだ、成分鑑定をしているような販売業者なら良いとは思いますけどね。

ぼくもネットでED治療薬を購入したことはありますが、成分鑑定書つきのED治療薬なら最低限のラインはクリアしているでしょう。

基本的にはネットショップでの購入は危険

説明した通り、ED治療薬をネットで購入するのは、偽物のリスクも高く危険な行為です。

過去には偽物のED治療薬を飲んで、死亡したという男性の例もあります。

また下痢や頭痛など、想定以上に強い副作用が起こることもあります。

とはいっても、病院で処方してもらうED治療薬は高すぎるのが現状です。

だからこそ、ED治療薬の代わりとして精力剤がオススメなんです。

ED治療薬の偽物はなんで危険なの?

バイタルアンサーもプロキオンも、わたし自身の利用体験があり、実際に勃起力改善に効果のある精力剤です。

価格も正規のED治療薬よりグッと安く、飲み続けやすいのが特徴です。

精力剤は、ED治療や勃起力改善に特化したサプリメントのようなものです。

副作用も通常のED治療薬と違ってほとんどないので、安心して飲み続けられますよ。

  • もしインターネットで偽物を購入しているかもしれない!
  • 医療機関で処方してもらっているけど高すぎて困っている!

上記のように考えている人は、ひとまずはED治療薬の代わりに精力剤を始めるといいですよ。

たたない原因は色々とありますが、とりあえず簡単に飲み始められる精力剤から試すがオススメです。

これからED治療薬をネットで買おうと思っていた人は、まずは安全な精力剤から試してみてくださいね!