今やすっかり定着しつつある座りション。

実は日本人男性の3人に1人が座りションとされているのですが、この座りションが「たたない原因」に関係しているようです。

意外ですよね・・・

たたない意外な原因は座りション!?

なんで座りションがたたない原因になる?

そもそも男性の体は、立ちションをする用に出来ています。

座りションをしてしまうと、足だけでなく腹筋や肛門括約筋に力が入らなくなるので、不自然にペニスを折り曲げる必要が出てきます。

そして、気づかない内に残尿をしてしまいます。

これは座りションから立ちションに戻した、僕も強く実感していることです。

そして残尿を続けていると、尿管に尿素やアンモニアなどの強い酸性物質が、常にたまっているままの状態になります。

この状態が続くと、炎症を引き起こし排尿障害や前立腺肥大という病気にかかりやすくなります。

前立腺は精液を作るうえで重要な成分を分泌する器官で、勃起機能の維持には必要不可欠です。

ですので前立腺がダメージを受け続けると、EDやたたない原因になる可能性が高くなるんです。

立ちションは世間的な風当たりが強い

一方、立ちションには高血圧による突然死のリスクや、トイレ周りの掃除が大変という点が指摘されています。

特にトイレ周りの尿ハネは、女性からすれば不衛生で掃除の手間が面倒です。

それ以外についても、立ちションをした時に遠くに小便を飛ばすことが、必要以上に腹圧をかけて血圧上昇につながるそうです。

これが突然死の原因とされています。

こういった理由もあって立ちションは、世間的な風当たりが非常に強くなっています。

とりあえず座りションをやめてみよう

僕は一人暮らしの時のトイレ掃除の手間から、座りション歴は3年以上ありました。

その間の経験談としては、間違いなく残尿感が残っていて、就寝前に2〜3度トイレに行くのはよくあることでした。

トイレの回数も多く、「若いのに頻尿なのかな?」と思っていました。

ですがそれは違いました。

今の彼女の影響もあって、立ちション派に戻ったことにより、残尿感が消えて頻尿がなくなりました。

とりあえず座りションをやめてみよう

さらに座りションが、たたない原因になる可能性が残っている以上、また座りション派に戻ろうとは一切思っていません。

やっぱり立ちションの方がラクですしね。

さらに僕がEDを改善できたように、座りションがたたないことに何かしら影響を与えていた可能性は否定できません。

最近は世間的な風当たりもあり、立ちションを推奨する声は少ないですが、あくまでも僕は立ちションをオススメします。

掃除を自分でおこなうなら、一緒に住んでいる奥さんや彼女も納得してくれると思いますよ。

もちろん座りションをやめるだけで、たたない原因が改善されるとは思っていません。

男性ホルモンを増やす為の精力剤や、日々の努力も大切です。

ですが、とりあえず日々の努力の一つとして、座りションをやめることから始めてみるのはアリだと思いますよ。