前立腺の代表的な症状でもある前立腺肥大症は、たたない原因にもなる男性特有の病気です。

40歳を超えると多くの男性が発症して、60歳になると6割、80歳で8割が発症する、典型的な加齢による症状です。

前立腺肥大症になると、たたない原因になる

なんで前立腺肥大症がたたない原因になる?

前立腺肥大症になると、栗の実ほどの前立腺がドンドン大きくなります。

そして前立腺が大きくなることで、頻尿や残尿感など尿意を感じやすくなったり、尿が出にくくなります。

さらに重症化すると、尿が出なくなって「尿閉」の危険性もある排尿障害です。

そして前立腺が尿道をふさぐことにより、「前立腺がん」の可能性も出てきます。

また前立腺は、精液の一部である前立腺液をつくる臓器です。

そして前立腺液は勃起させる為には重要な成分で、下記の働きもあります。

  • 精子を運ぶ。
  • 精子に栄養を与える。
  • 精子の活動が衰えないようにする保護液となる。

因果関係はよくわかりませんが、前立腺肥大症になることで、EDやたたない原因になるのは決して偶然ではないということです。

ハッキリと因果関係のあることが、研究等でも明らかになっているそうです。

前立腺肥大症を防ぐことは出来る?

前立腺肥大症の患者数は増え続けていますが、現時点では完全な予防策はわかっていないようです。

ただし年齢をかさねることで、男性ホルモンが減少することが主な原因とされています。

男性ホルモンは、禁煙、運動、食生活など、生活習慣を正せば、ある程度の減少は食い止めることは出来ます。

また、精力剤を飲むことでも大きく増やすことが可能です。

基本的に、生活習慣の改善は前立腺肥大症を予防する方法としても有名なので、まずはそこから始めるのが良いかと思います。

前立腺肥大症を防ぐことは出来る?

また、バイアグラ等のED治療薬の服用が、前立腺肥大症の治療に効果的という話もあります。

ED治療薬の服用によって、収縮した血管を拡張して血流が良くなるからです。

これにより、圧迫された尿道がゆるまり排尿しやすい状態になるそうです。

ちなみに前立腺は、手術した時に勃起に関係する神経が傷つく恐れもあるそうです。

ですので、前立腺肥大症になってから改善治療をするよりも、なるべく予防した方がいいんです。

もちろん、完全に防ぐのは難しいかもしれません。

ですが前立腺肥大症は、たたない原因にも関係する症状です。

特に40代以降の男性は、基本的な生活習慣を正して、なるべく予防するように努力が必要かもしれませんよ。