包茎で悩む人はメチャクチャ多いと思いますが、包茎の男性は物理的にも心理的にも「たたない原因」になります。

包茎だけでも悩みの種なのに、たたない原因になるとか冗談じゃないですよね。

ですが実際になってしまうんですから、困った悩みなんです。

包茎は心理的にも物理的にもたたない原因になる

包茎がたたない原因になる理由は2つある

冒頭でも紹介しましたが、包茎は心理的にも物理的にも、たたない原因となります。

01:心理的な原因について

仮性包茎くらいなら周りの男性にも多いはずなので、そこまでは気にならないかもしれません。

勃起さえしてしまえば周りにはわかりませんし、僕も仮性包茎ですが普段はむけてます。

ちなみに彼女にそのことを話したら、「仮性包茎ということはわからなかった・・・」と言ってました。

ですので、女性はほとんど気づいてませんし気にする必要もないでしょう。

問題なのは、真性包茎とカントン包茎です。

この2つは、本人も強烈に気にしている場合がほとんどです。

セックスする時、「包茎の自分を恥ずかしい」と思ったり、「女性を満足させられないのでは?」と考えたり・・・

こういった、包茎であることの心理的な負担が、たたない原因になるようです。

気にしなければいいじゃん!と思う人もいるでしょうが、どうしても気になりますよね・・・

02:物理的な原因について

こちらも仮性包茎の場合なら、ほとんど物理的な問題は起きません。

物理的なことが、たたない原因になるのは真性包茎とカントン包茎だけです。

まだ真性包茎なら、普通にセックスできているなら大丈夫ですが、カントン包茎は亀頭の締め付けによって痛みを感じるケースが多いそうです。

これによって、中折れやたたない原因となります。

また真性包茎にも、勃起した時に亀頭にちょっと触れられるだけで痛みが走ることは普通です。

ですので、挿入がうまくいかないことも珍しくないようです。(慣れれば大丈夫)

この痛みの恐怖で、たたない原因になることもあるかと思います。

真性包茎とカントン包茎は包茎手術も考えた方がいい

紹介したように、真性包茎かカントン包茎の場合には心理的にも物理的にも、たたない原因となることが珍しくありません。

ちなみにこの状態の包茎は、放置していて治るものではありません。

ですので、もし包茎が「たたない原因」になっているなら、包茎手術をするのも一つの手です。

ちなみに僕の友人にも、一人だけ包茎手術した友達がいます。(仮性包茎から)

恐らく、もっとたくさんいるのでしょうが、本人から教えてくれるような情報でもありませんからね。

知っている限りでは、身近な友人や知人で包茎手術したのは一人です。

一応、本人いわく自信も取り戻せたしセックスも楽しくなったようなので、良かったみたいです。

跡は残っているようですが、目立つほどの大きさではないので気にならないんだとか。

ですので包茎で悩んでいるなら、包茎手術を試してみるのも一つの改善策だと思います。

ちなみに、心理的な原因だけならED治療薬や精力剤でも改善策にはなると思います。

ですがカントン包茎は危険な状態らしいので、特にED治療薬は注意が必要です。

真性包茎や仮性包茎が原因で、たたない悩みを持っている男性なら、試してみて良いと思いますよ。