体育の時間があった学生時代とは異なり、大人になると毎日の運動なんて全くおこなわないのが普通です。

そうなると当然運動不足になり筋肉は低下します。

そして筋肉が低下すると、たたない原因の一つにもなるんです。

たたない原因は運動不足による筋肉の低下

運動不足や筋肉不足は、オフィスワーク中心のサラリーマンにとっては避けられない問題です。

また現代は、子どもがケガをしやすくなったことなど、筋力低下が叫ばれるようになった時代です。

ですので現代人にとっての筋力低下は、十分に注意すべき大きな問題なんです。

もちろん適度な運動習慣をもって適度な筋肉をつければ、たたない原因を改善出来る可能性もあります。

マッチョを目指す必要性は全くないので、誰にでも取り組むことが出来ますよ。

なんで筋肉の低下がたたない原因になる?

筋肉は、血流のポンプのような役目も果たします。

ですので筋肉が低下するとポンプの役目が弱まり、血流の流れが悪くなるんです。

特に下半身の筋肉は重要です。

なぜなら下半身の筋肉は、体全体の7割を占めているとも言われているからです。

この筋肉がおとろえると、当然ながら血流が悪くなります。

勃起をする時は、あそこに血流を集める必要がありますが、下半身に血流が思うほど集まらなくなるのです。

血流が集まらなければ、勃起は起こりません。

ですので、筋肉の低下はたたない原因に関係しているんです。

日常生活だけでは筋肉は低下していく

日常生活をおくるだけでは、筋肉は少しずつ低下していきます。

もちろん日常生活の中にも、多少は筋肉強化に意味のある行動もあります。

例えば、家事の手伝いや毎日多少は歩いたりしますよね?

それらの運動が筋肉の低下をゆっくりさせることに、多少の効果があるとは思います。

しかし、それだけではさすがに足りません。

日常生活だけでは筋肉は低下していく

主に外で働いている人や、訪問営業などをしている営業マンは、毎日相当な距離を歩きます。

ですので、彼らが運動不足による筋力の低下を心配する必要はないでしょう。

しかし、そんな男性ばかりではありません。

特に筋力低下が問題視されているのが、僕のようなオフィスワーク中心の生活をしている人です。

僕は一日の8割程度をパソコンの前で過ごしている人間です、

今では意識して運動習慣を取り入れていますが、元々は駅まで歩くだけ、会社に着いたら帰るまではほぼパソコン前という生活でした。

ですので筋力は当然低下して、たたない原因を自ら作っていたんだと思います。

筋肉の低下は改善できる

筋肉の低下は、毎日の簡単な運動で改善していけます。

例えば毎日30分程度でもウォーキングをするのはオススメです。

もしくは、下半身を鍛えるスクワットなら、多少キツいですがオススメです。

どちらも継続していくことで、特に下半身の筋力が少しずつつパワーアップしていきます。

これくらいなら、忙しいサラリーマンの方でも出来るのではないでしょうか?

先ほども説明したように、下半身の筋肉をつけることで血流がよくなり、たたない原因を改善できます。

また、精力剤との組み合わせで男性ホルモンの量も飛躍的にあがるので、オススメですよ。

どちらもまずは、始めてみることが大切です。

習慣にしてしまえばキツくは感じないと思うので、ぜひ実践してみてくださいね。