この記事を読みにきているということは、あなたも最近朝立ちしない悩みをかかえているということでしょうか?

しかし朝立ちがない度に、ヘコんでいたのではキリがありません。

今回は朝立ちしない原因についてまとめたので、朝立ちしないことで悩んでいる人は参考にしてくださいね。

最近朝立ちしない原因とは?

なんで最近朝立ちしないの?朝立ちしない原因とは?

朝立ちを減少させる、もしくは朝立ちしないことには、いくつかの原因があります。

ただし朝立ちは、毎日必ず起こるものではありません。

詳しくは、コチラの記事をチェックしてみてください。

ですが明らかに朝立ちの回数が減っている場合は、体のどこかに問題が発生している可能性もあります。

主な原因は次のどれかだと思うので、当てはまるものがないかチェックしてくださいね。

原因その1:男性ホルモンの分泌量が低下している

男性ホルモンは、男性らしさを作るためには必要不可欠なホルモンです。

特に男性ホルモンに含まれる、テストステロンは重要な成分です。

テストステロンには、血管を拡張して血流をよくする一酸化窒素を供給する働きがあります。

これによって勃起力が上がり、持続力も上がります。

またテストステロンには、性欲を向上させる働きもあります。

しかし男性ホルモンは、加齢や生活習慣の乱れ、疲れやストレスによって分泌量が減少します。

また睡眠不足なども、男性ホルモン減少の大きな原因です。

そして男性ホルモンの分泌量が減少すれば、朝立ちする時の勃起力の減少や回数の減少にもつながります。

原因その2:生活習慣病

生活習慣病には、糖尿病や高血圧、脂質異常症(高脂血症)などがあります。

ですが不健康な生活習慣を続けていくと、いずれは大半の男性が生活習慣病になります。

こういった生活習慣病になると、血管が細くなり血流が悪くなります。

その為、海綿体というところに十分な血液が送られにくくなり勃起力が低下します。

これらの生活習慣病も、朝立ちしない大きな原因ですよ。

原因その3:糖尿病の末しょう神経障害

糖尿病になると、その症状のひとつに神経障害があります。

このことを糖尿病性末梢神経障害と言います。

そしてこの障害があると、セックスの時の興奮がペニスに伝わりにくくなり勃起力も大幅に減少します。

ですので結果として、朝立ちの勃起力が低下したり、朝立ちの頻度が減少する原因になるんです。

原因その4:薬や怪我の影響

代表的な薬でいえば、高血圧症の薬やうつ病の薬は、勃起力を低下させる原因となります。

また事故や怪我でペニスが傷を受けると、神経や血管が傷ついてしまい勃起力を低下させます。

このような薬や怪我は、朝立ちしない大きな原因になるので注意してください。

朝立ちしない原因がわかれば改善していくだけ

朝立ちしない原因は、主に生活習慣と病気と薬です。

最近朝立ちしないという人は、当てはまる原因がないか再度チェックしてみてください。

朝立ちしない原因がわかれば改善していくだけ

そして最近朝立ちしない原因がわかったなら、あとは改善策を実施していけば大丈夫です。

その方法はシンプルで、生活習慣を正して薬や病気に頼らないで済むように、自分の体を改善することです。

時間はかかりますが大切なことですよ。

その為にも、運動や筋トレ、バランスの良い食事や睡眠時間の確保は重要になります。

またそれらの改善を簡単にする手段として、精力剤が有効です。

精力剤は選び方さえ間違えなければ、男性ホルモンの分泌量を増やして精力や性欲をアップさせることに役立ちます。

精力が復活すれば、朝立ちの回数も増えて朝立ちしやすい体に戻れます。

多少時間はかかりますが、精力剤は継続して飲むことで効果を発揮してくれます。

まずは生活習慣を改善して、その次に精力剤で男らしさを取り戻してくださいね。

そうなれば、朝立ちしないという悩みからも解放されると思いますよ。