男性の更年期障害ってあまり聞いたことがないですよね?

ですが、男性にも更年期障害はハッキリとあります。

特に40代後半からは更年期障害に悩まされる人も多くなります。

中には、たたない悩みを訴える人もいるので注意してくださいね。

男性の更年期障害もたたない原因になる

なぜ男性も更年期障害になるのか?

男性が更年期障害になる原因はたくさんあります。

まず大きな原因と考えられるのは、加齢による男性ホルモンの分泌低下です。

30代後半や40代くらいになると、男性ホルモンの分泌量はグッと少なくなります。

これは20代の前半と比べれば明らかです。

男性ホルモンの分泌が少なくなると、更年期障害になりやすくなるんです。

また、男性ホルモンの分泌は加齢以外の生活面や環境からの影響も多くあります。

例えば、ストレスや慢性的な疲れ、不摂生な食生活や喫煙習慣などです。

こういった生活は男性ホルモンの分泌が低下するのを早め、更年期障害の影響を受けやすくなる原因です。

更年期障害になると男性のあそこがたたないってホント?

これは少なからずですが、必ず影響を受けます。

男性の更年期障害は、女性ほどではありません。

しかし先ほどのような生活習慣や加齢によって更年期障害がすすみ、たたない原因になるのは間違いありません。

もちろん直接的な症状を訴える男性も増え、例えば下記のような症状がでます。

  • 精力が低下する。
  • 性欲も低下する。
  • 勃起しにくくなる。
  • 集中力がなくなる。
  • 不安感が大きくなる。

これらは、男性更年期障害の特徴的な症状です。

そもそも男性ホルモンの分泌低下が直接的な原因ですが、それによって受けるデメリットは相当なものです。

これらによって、たたない悩みを抱える中高年の男性は増えます。

そして、「どうすれば改善できるのか?」と悩む男性も増えるようです。

どうすれば更年期障害による症状は改善できる?

更年期障害を放置しておくと、そのうち「たたない悩み」は今よりも深刻になります。

それではマズいですよね。

そうならない為には、鍵となるのが男性ホルモンの分泌量増加です。

更年期障害による症状を改善

年齢を重ねれば、男性ホルモンの分泌量が減っていくのは、ある程度は仕方ないことです。

しかしその状態で良いわけはありません。

長くセックスを楽しみたいなら、男性ホルモンが減っていく量より増やせばいいだけの話です。

その為には、運動の習慣や健康的で精のつく食生活。

規則正しい生活習慣などが大切です。

また、直接男性ホルモンを増やす「アルギニン」や「シトルリン」をサプリメントから摂取するのもいいですよ。

これらの積み重ねによって、たたない原因である更年期障害ともお別れできるかもしれません。

そうなれば、今よりもっと長くセックスを楽しめるようになりますよ。