脂質異常症(高脂血症)も高血圧や糖尿病と同じく、重大な生活習慣病のひとつで、40代以降の男性の多くを悩ませています。

たたない原因にも大きく関係している症状なので、早く治さなければ様々な合併症を引き起こします。

たたない原因は脂質異常症(高脂血症)にある

脂質異常症(高脂血症)とは?

脂質異常症(高脂血症)とは、血清脂質値が異常値を示す病気のことをいいます。

少し専門的になりますが、「LDL-コレステロール・HDL-コレステロール・中性脂肪」のいずれかが、基準値を大きく超えている状態です。

また、動脈硬化となり合併症を引き起こしやすいのが特徴の一つです。

ちなみに総コレステロールが高い状態は、1.8倍EDになりやすいという研究報告もあります。

これらの報告からも、脂質異常症(高脂血症)が、たたない原因に大きく関係しているのは間違いないでしょう。

ちなみに脂質異常症は、一昔前までは高脂血症と呼ばれていました。

ただし高脂血症では症状と微妙に合わないことから、現在は脂質異常症と呼ばれています。

なんで脂質異常症がたたない原因になる?

脂質異常症は、コレステロールが増えて血管壁にたまることで、動脈硬化となります。

動脈硬化になると、血流の流れが悪くなりペニスに血液が集まりにくくなります。

ペニスに血液が集まりにくくなれば、勃起しにくくなりますからね。

しかもペニスの動脈は元々かなり細いので、ちょっと血流が悪くなるだけでも、たたない原因となります。

さらに脂質異常症は、EDだけでなく、高血圧や糖尿病などの生活習慣病とも合併しやすい病気なんです。

脂質異常症は食生活を変えるだけでも改善する?

脂質異常症は、食生活が主な原因になる生活習慣病です。

例えば、動物性脂肪の摂りすぎや、お菓子の食べすぎ、清涼飲料水の飲みすぎなどが関係します。

ですので、食事をちょっと変えるだけでも改善のキッカケとなります。

脂質異常症は食生活を変えるだけでも改善する?

また食生活が主な原因ということもあり、脂質異常症になっている人の大半は肥満にもなっています。

ですので肥満を改善したことで、EDが治ったという男性も結構いるようです。

もし現時点で脂質異常症になっているなら、まずは食生活を変えて肥満を治すとこから、始めてみてください。

そして同時進行で、精力剤を飲んだり運動を続けてください。

これらを食生活と組み合わせることで、動脈硬化の改善につながります。

脂質異常症は、放置しておくと大変な生活習慣病ですが、高血圧や糖尿病に比べればまだマシな状態です。

改善の可能性が十分にあるので、今できることを積極的におこなってみてくださいね。

食生活の改善を含む日々の努力が、脂質異常症だけでなく、たたない原因の改善にも役立ちますよ。