オナニーなら毎日してるくらい性欲があって、女性を見るとエロい妄想をしてしまう!

そんな性欲あふれる男性でも、セックスでたたないことがあるようです。

俺のアソコは、なんでムラムラしてるのにたたないんだ!!?と思うかもしれませんが、ちゃんと理由があります。

性欲があるのにたたないのは経験不足や緊張が原因

性欲があるのにたたない原因とは?

どんなに性欲があっても、緊張のしすぎや経験不足による不安があれば、あそこは反り上がってくれません。

他のエロいことをイメージしても、効果はうすいでしょう・・・

もう少し具体的に言うと、緊張や不安は交感神経の働きを優位にして、血液が海綿体にあつまるのを邪魔します。

ですので、あそこが温かくなるいつもの感覚がえられず、どんなに性欲だけあってもたたないのです。

また性欲があるとギンギンに勃起すると思うかもしれませんが、もっとも勃起するのはリラックスした状態の時です。

興奮のしすぎは、緊張や不安と同じく交感神経の働きを優位にします。

リラックスして副交感神経の働きを優位にすることが、フル勃起には大切なんです。

こうやって言われてみると、当てはまる気がする人は多いのではないかと思います。

  • 好きすぎてたたない。
  • 興奮しまくってるのにたたない。
  • 性欲があり余ってるのにたたない。

これらの原因はだいたい同じです。

性欲があってもたたない人にオススメの改善策

即効性のある改善策とは少し違うかもしれませんが、深呼吸やイメトレは効果が多少ありました。

あとは、ED治療薬や精力剤をお守り代わりに持っていたこともあります。

結局はメンタル的なところが大きな原因なので、不安や緊張を少しでもやわらげることが大切です。

性欲があってもたたない人にオススメの改善策

この中だと、ゆっくり鼻から吸って口から息を吐く深呼吸は、意識的に副交感神経の働きを優位にします。

うまく出来れば、多少なりとも血流がよくなり勃起もしやすくなりますよ。

ただし、それよりも大切なのは経験を積んでセックスに慣れることです。

最初から性欲があり余っているなら、あとは経験をつむことだけが本当に大切なんです。

色々な女性とのセックスに慣れれば、セックスに対する不安や緊張感もなくなります。

そうなれば、今よりずっとリラックスしてセックスに挑めるようになり、性欲の溢れるままにあそこも反応しますよ。

万が一それでもたたない場合は、男性ホルモンの不足やオナニーのやり方が間違っているのかもしれません。

そこで、男性ホルモンを増やす精力剤を使うのはアリだと思います。

ちなみに、こういった場合に即効性を期待するならED治療薬がてっ取り早いです。

海綿体への血流の邪魔をなくしてくれるので、スムーズに勃起しやすくなります。

副作用が特に気にならないなら、試してみる価値はありますよ。