ジョギング、ウォーキング、サイクリング!

どれも手軽に始められて続けやすく、ダイエットにも有効的な運動です。

運動不足は「たたない原因」になると以前に紹介しましたが、ただハードにやれば良いわけではなくて、やり方も大切です。

無理なダイエットと組み合わせると、場合によってはEDの原因になったり症状を悪化させる原因になります。

無理なダイエットは、たたない原因になることもある

ではなんで無理なダイエットが「たたない原因」になるのか?

肥満も「たたない原因」に関係しているので、「いったいどうしたら良いの?」となるのが本音ですよね。

しかし基本的なことを守っていれば、ダイエットも運動も「たたない原因」の改善に効果的なんです。

まさに今、ダイエットや運動を続けていて気になっちゃった人は、絶対にチェックしてくださいね。

無理なダイエットは「たたない原因」になるだけ

ダイエットも適度に続けているなら、たたない原因になることはありません。

むしろ肥満の予防や改善ににもつながるので、健康的になれるチャンスとも言えます。

しかし健康的に痩せるのではなく、食事制限をメインにしたダイエットは体には負担だらけです。

例えば・・・

  1. 食事制限をメインにしたダイエット
  2. 激しい運動と食事制限をともなったダイエット

このようなダイエットは危険です。

1番はよく若い女性がやっているようなダイエットですね。

肌の乾燥や吹き出物や内臓の不調など、体の中も外も不調になっていく、典型的なダイエットでとても危険です。

そして2番は、ボクサーのような生活をイメージをしてもらえるとわかりやすいかと思います。

運動することは基本的には健康的に思えますが、やり過ぎは男性ホルモンの消費を早めます。

男性ホルモンのテストステロンは、男らしさの象徴ともいえるホルモンで、たたないといった勃起不全を防ぎ、精力アップに重要な物質です。

さらにテストステロンは、筋肉の修復にも使われる物質です。

しかしハードすぎる運動を毎日のように続けると、テストステロンの消費を早めすぎるので、たたない原因になりやすいんです。

しかもテストステロンをおぎなえるだけの満足な食事は出来ていない・・・

これも十分に危険な状態で、たたない原因になりやすいのが普通です。

運動は基本的に良いこと!やり過ぎだけ注意が必要

現在、国内のランニング人口は1,000万人以上、サイクリング人口は約800万人です。

これに軽い運動も含めれば、2,000万人以上の人が運動を続けていることになります。

4〜5人に1人は、定期的に運動をしている計算になりますね。

動は基本的に良いこと!やり過ぎだけ注意が必要

そもそも運動をするのは、たたない原因の改善にも効果的なので良いことです。

ですが、過度な食事制限をともなった運動は、たたない原因になる可能性も十分にあります。

ですので、適度な運動をおこないつつ、食べ過ぎや体に悪い食材を食べないように注意する!

これが理想的なダイエットなんです。

まぁ基本的には、無理に食事制限をおこなうくらいなら、体を動かして痩せた方が良いってことです。

ちなみにサイクリングも、サドルの高さや角度、素材などが体に合っていなければ、たたない原因になることがあります。

これらを考えると、たたない原因にもっとも良い運動は、定期的なジョギングやスクワットです。

そして、それらの運動をフォローするために必要なのが、筋肉を修復する男性ホルモンです。

どちらも「たたない原因」を改善するのは必要不可欠です。

無理なダイエットは体を悪くするだけなので、基本的には適度に運動をして食事制限はしないことをオススメしますよ。