糖尿病とは生活習慣病の一つですが、たたない原因と糖尿病には大きな関係があります。

なんと糖尿病になった人の8割がEDになるとも言われている、深刻な病気です。

糖尿病はたたない原因に大きく関係する

糖尿病とは?

糖尿病になると、インスリンというホルモンの作用が低下して、体内に取り入れられた栄養素がうまく利用されません。

そして血液中のブトウ糖の濃度が多くなります。

国民の5人に1人以上が患者かその予備軍とされていて、一度発症すると完治は難しいのです。

また糖尿病の中には1種と2種があり、特に1種になると治療は大変です。

なお糖尿病になると、下記のような症状が発症します。

  • ED。
  • 疲労感。疲れやすい。
  • 皮膚の乾燥。
  • 手足の感覚の低下
  • 感染症にかかりやすい。
  • 合併症を引き起こしやすい。
  • 頻尿。
  • 目のかすみ。
  • 傷の治りが遅い。
  • 空腹感
  • のどの渇き。
  • 体重減少。

しかも人によっては10代や20代で発症して、そのまま深刻なEDになる人もいます。

なぜ糖尿病は、たたない原因になる?

糖尿病になると、神経障害や海綿体の機能不全、動脈硬化が起こります。

これらの機能は全て、勃起機能に大きく関係していて、射精障害や勃起力、性欲の低下につながります。

なぜ糖尿病は、たたない原因になる?

例えば神経障害がおこると、ペニスへの性的刺激がうまく伝わらなくなります。

そうなると、いくら脳で性的刺激を感じても勃起がおこらないのです。

また海綿体の機能不全は、ペニスに血液が集まらなくなるので、勃起自体が起こらなくなる可能性があります。

そして糖尿病の典型的な症状である動脈硬化は、血流の流れを悪くします。

血流の流れが悪くなると、ペニスに血液が集まりにくくなるので、たたない原因となります。

ただし糖尿病は、バランスの良い食生活を続けることで予防は可能です。

糖尿病は症状も深刻なうえに、一度発祥してしまうと改善は難しい病気です。

ですので、なるべく普段から予防していくことが大切です。

糖尿病になったら、病気との付き合い方も大切

糖尿病は、食生活やインスリンの注射などによって、ある程度はコントロールが可能な病気です。

そして、ED治療薬や精力剤とも合わせて飲むことが可能です。

ただし、病院にてED治療薬をもらう時や、別の病気になって薬を処方してもらう場合は、糖尿病であることを医師に告げる必要があります。

深刻な病気なので、しっかり病気との付き合い方も大切にする必要があるのです。

ただし健康食品にも位置づけされる精力剤なら、基本的には問題ありません。

たたない原因の改善にも、ある程度は効果を発揮するので、実際に糖尿病になってから精力剤を飲み始める人も多いですよ。

糖尿病でお悩みの人は、ぜひ一度試してみる価値はありますよ。