自転車といえば、健康的なエクササイズと思っている人も多いことかと思います。

しかし自転車の乗りすぎや、乗る自転車の種類によっては、たたない原因になってしまうんです。

まだまだ科学的根拠があるわけではないのですが、様々な研究調査から可能性が高いとされています。

自転車の乗りすぎが、たたない原因になる

自転車を安全な乗り物と思っているだけでは、思わぬ落とし穴にはまるかもしれませんよ。

十分にお気をつけください。

自転車にまつわる、たたない原因と関係する調査結果

下記はほんの一例ですが、主に海外での調査結果となります。

  • 1週間に400km以上自転車で走行する人は、19%が勃起障害になっていることを自覚している。
  • 1週間に3時間以上自転車に乗る人は、乗らない人と比べると1.7倍も軽度のEDになりやすい。

ちょっと自転車への認識が変わりそうですね。

これらの調査がどこまで信ぴょう性があるのかはわかりません。

ですが、必ずしも自転車が健康的な乗り物というわけではなさそうです。

なんで自転車がたたない原因に関係するの?

自転車のサドル部分が、あそこを圧迫することで、神経や動脈にダメージを与えるからというのが、おおきな原因です。

これによって、血行に問題が起きるとされています。

血行は勃起においても、重要な役目を果たしますからね。

また事故や衝突などの際に、あそこに強い衝撃がかかると、ペニスが傷つく恐れもあるようです。

特にロードバイクはたたない原因との関係が強い

ロードバイクのような自転車は、一般的なその他の自転車と比べて、たたない原因になりやすい乗り物です。

理由としては、下記の2つが関係します。

  • 前傾姿勢。
  • サドルから受ける圧迫が強い。

自転車に乗るならママチャリがオススメ

もし日頃から自転車に乗る機会が多いなら、ロードバイクのような自転車より、ママチャリがオススメです。

自転車に乗るならママチャリがオススメ

ママチャリは比較的、

  • 前傾姿勢になりにくい。
  • サドルから受ける圧迫が弱い。

という特徴があります。

ですので、たたない原因にはなりにくい自転車といえます。

さらにサドルを広くて柔らかい素材に変えることで、より一層ダメージを受けにくくなります。

運動習慣のない人よりは自転車に乗る人の方がマシ

自転車を散々批判してきたわけですが、それでも何も運動をしない人よりはマシです。

運動習慣の全くない人は、日頃から自転車に乗って運動している人に比べれば、たたないEDになりやすいと言えます。