人は誰でも年をとりますが、加齢が進むとそれだけで「たたない原因」になります。

特に加齢が進んで中高年になると、次々に「たたない原因」となる症状が、体にあらわれてしまいます。

加齢が進むと、たたない原因になる

加齢で「たたない原因」になる理由とは?

まず加齢で年を重ねると、少しずつ男性ホルモンが減少します。

男性ホルモンのテストステロンは、血管や神経に作用して精力に大きな影響をあたえます。

また男性ホルモンには、ドーパミンと呼ばれる興奮作用もあるので、男性ホルモン低下によってや性欲も減少します。

特に男性ホルモンが大きく減少をはじめる、30代以降は注意が必要です。

また加齢がすすむことで、これまでの生活習慣の悪化が積み重なり、糖尿病や高血圧、脂質異常症にもなりやすくなります。

肥満にもなりやすくなり、EDの原因になる病気にもなりやすくなります。

しかもこれらは全て、「たたない原因」に大きく関係するんです。

加齢は止められないが、加齢による症状は食い止められる!

加齢を止めることは出来ません。

最近は寿命をのばす薬なども開発されているそうですが、年々年をとっていくことに変わりはありませんからね。

ただし、加齢による症状を食い止めることは可能です。

つまりEDの予防はできるんです。

加齢は止められないが、加齢による症状は食い止められる!

40代になっても50代になっても、20代の頃と変わらない体を維持している男性もたくさんいますよ。

そして彼らは、たたない原因に悩まされることもなく、毎日のようにSEXを楽しめています。

このようになるには、日々の生活習慣の改善が有効な予防策となります。

代表的なものをあげると、食生活の改善や運動習慣を取り入れることが重要です。

そうすることで、多くの生活習慣病を予防になり、さらには男性ホルモンの減少もおさえることが可能です。

ただしこれらの努力だけでは、加齢を食い止めるほど男性ホルモンの減少をおさえることは難しいです。

毎日精力がつくものを食べて、毎日運動して、毎日健康的な生活をする!

理想ではありますが、すべてを毎日の生活に取り入れるのは難しいですからね。

当たり前ですが、仕事や育児を始め、友人や会社の人との付き合いもありますからね。

だからこそ、なるべく健康な生活習慣を続けたうえで、さらに男性ホルモンを圧倒的に増やす努力が必要なんです。

その為に頼りになるのが精力剤です。

手っ取り早くED治療薬を使いたい人もいるでしょうが、まずは精力剤から始めるのがオススメです。

努力次第では、数週間〜2ヶ月以内で成果が出る人もいますよ。

加齢は止められませんが、加齢による症状を止めるためにも、精力剤などでの改善策は重要です。

今すぐにでも精力剤や生活習慣の改善をおこない、加齢を食い止める努力を始めてみてくださいね。