40代といえば精力も体力のどちらも、ずいぶん衰えてくるのが普通ですよね。

2009年に製薬会社のファイザーがおこなった調査では、40代の6割が中折れ経験者なんだそうです。

6割ともなれば、さすがに他人事には思えない数字のはずです。

今は大丈夫と思っているあなたも、来年には中折れ経験者の仲間入りをするかもしれません。

それだけ40代というのは、性機能がおとろえて当たり前といえる年代なんです、

40代の多くはたたない悩みを抱えている

40代がたたない原因は何?

40代になってから、たたないと感じる大きな原因は主に2つです。

男性ホルモンの分泌量が大きく低下

40代は、体のおとろえを感じても珍しくない年代です。

20代の頃に比べれば、男性ホルモンの分泌量がかなり低下していることでしょう。

男性ホルモンは、性欲だけでなく精力に大きな影響をもつホルモンです。

当然、たたない原因にもなりやすい要素のひとつです。

また男性ホルモンの分泌量が低下すると、体力や筋力もおとろえやすくなります。

男性が男らしくある為には必須のホルモンなので、分泌量の低下はかなりのダメージですよ。

また40歳をすぎると、興奮はしても維持し続けることが難しくなります。

これも、男性ホルモンの分泌が大きく関係しているんですよ。

血管が硬くなっている

40代になると、生活習慣病の陰りがみえる人って多くなりますよね。

そういった人は、健康診断の結果も年々悪くなっていることでしょう・・・

なぜなら若い頃からの積み重ねで、体はかなりのダメージを受けているからです。

そうなってくると、少しずつ血管が硬くなって血流も悪くなります。

血流は勃起の仕組みにも大きく関係するので、血流が悪いとたたない原因になります。

中折れやたたない症状は、中高年がまず最初に感じる生活習慣病の初期症状です。

そのまま何も改善策をとらなければ、糖尿病や高血圧になるリスクも高まりますよ。

かなり危険な状態なので、早めに改善策を試してみてください。

40代のたたない悩みの改善策とは?

40代には、健康を意識した生活習慣の改善が有効です。

主には下記のようなものがあります。

  • バランスのとれた和食中心の食事メニュー
  • 適切な睡眠時間による疲労回復
  • 習慣づけた散歩やジョギングなどの運動
  • タバコやお酒などの生活習慣の改善

さらには、精力剤で男性ホルモンを増やすことも有効です。

40代であれば生活習慣の悪化や加齢によって、男性ホルモンの分泌量が低下しているのは自然なことです。

だからこそ精力剤を使うのは、健康維持のためにも精力アップのためにも有効です。

体の衰えを感じる・・・

もっと若い頃のように頑張りたいという方には、健康を意識した生活改善と精力剤による改善を試してみてくださいね。