恋愛や仕事で楽しみの多い20代ですが、この年代の方でもアソコの悩みがある人は一定数います。

僕も20代から、アソコの悩みを抱えていたので気持ちはわかります。

まぁ全体数としては、そこまで多くありませんけどね・・・

それでも、はじめて病院に行ったときには同世代が結構多かったので、同じ悩みをかかえる人は少なくないと思います。

もし20代なのに、アソコがたたない悩みをかかえているならチェックして損はありませんよ。

20代が主にたたない原因と必見の改善法

なんでアソコがたたない? 20代のたたない原因とは?

20代でたたない人というのは、主に2つのパターンにわかれます。

1つは経験不足や自身へのコンプレックスから、緊張や不安が大きい人。

もう1つは、疲れやストレス、生活習慣の悪化などによって、急激に男性ホルモンの分泌が低下している人です。

その1:緊張のしすぎ、精神的理由

特に20代前半では、この傾向が強いように思います。

セックス経験の少なさによって、初めてセックスする相手に緊張したり、うまくいくか不安になる・・・

そういった精神的な悩みは、たたない大きな原因となります。

また経験はそれなりにあっても、自分よりも明らかに経験豊富な女性。

ずっと好きでようやくゲットできた女性、分不相応だと感じる美人などを相手にすると、たたないこともあります。

これも極度の緊張やプレッシャーなど、精神的なことが影響しています。

その2:疲れやストレス、生活習慣の悪化

20代でもそれなりの仕事を任せられていたり、かなりハードな職場に勤めている場合。

疲れやストレス、生活習慣の悪化が続いてEDになることがあります。

例えば、徹夜続きや不摂生な食生活、お酒の飲みすぎやタバコの吸いすぎもコレにあたります。

しかしこのような生活習慣は、男性ホルモンの分泌量を低下させる原因になります。

男性ホルモンの分泌量が低下すれば、セックスでの持続力や勃起力、性欲までもが減少していきます。

放置していると、そのままたたない原因にもなるので注意が必要です。

どうすれば20代のたたない原因は改善する?

20代は本来、性機能の低下を大きく感じる年代ではありません。

しかし緊張や不安、疲れやストレスなどがたまったり、お酒の影響によってたたないこともあります。

とはいっても、まだまだED治療薬を使うには早すぎます。

どうすれば20代のたたない原因は改善する?

まず第一に、精神的なことがたたない原因になっているなら、経験値をつめば自然に改善します。

そして生活習慣が原因の場合も、生活習慣を正せばセックスが十分できるくらいには、男性ホルモンの分泌量は戻ります。

それが20代というものです。

しかし生活習慣を正すには、職を変えたり業界を変える必要まで出てくる人も少なくありません。

だからこそ、精力剤はとても有効な改善法となります。

例え生活習慣が乱れていても、精力剤で男性ホルモンの分泌量を増やせば、精力や性欲は低下しませんよ。

むしろ性機能に関するパワーは、明らかにアップします。

彼女とのセックスや夜の営みに満足していない、たたない悩みを抱えているといった20代男性は、ぜひ一度試してくださいね。